『氷屋来たる』記事掲載雑誌&映画版DVD

記入日時:2007年06月16日 02:37:45
日付かわったので昨日のことだけど、oricon styleとかテレビ情報誌を買うために本屋に寄ったら、関東版のぴあが入ってたので、何の気なしに立ち読み。

おぉ、海老蔵さん、長塚圭史さんのお芝居に出るんだ。おぉ、小栗さんだ。今日の『笑っていいとも!』で、MJや生田さんや蜷川さんやいろんな人からお花届いてたなぁ。


……とか思いながら、ページをめくっていったら……。

『氷屋来たる』の稽古風景が!

全く予想してなかったので、息のんだ。即、購入。

『Weeklyぴあ』2007年 6/21号/No.1204
・p.4「Index Calendar 6.14→6.24」
6/18(月)欄に小さいカラー写真(左からOKさん、演出の栗山さん、市村さん、木場さん(?))あり
・p.14「Heads up!/09 NOTICE 新国立劇場演劇『氷屋来たる』」
カラー1ページ記事(上半分が稽古風景のカラー写真)
・p.152「STAGE 6.14→6.24」
「今週開催」として『氷屋来たる』公演情報あり


あと、『シアターガイド』2007年7月号/Vol.185には、演出の栗山民也さんインタビュー記事あり。


いつの間にか追加席が発売されたりしてて、でも、気づいたときには、行けそうな日のチケットはとっくに完売してて、もう、さすがに今回は観に行けないかも、と、一時は、本当に泣きそうになったけど、なんとか定価でチケットを手に入れることができたので、1回だけだけど観に行けそう。

上映時間は休憩含めて3時間45分とのことなので、思っていたよりは短くてよかった。……まぁ、それでも、かなり長いほうだとは思うけど(^ ^;)。

ちなみに、現時点(午前2:30)で、電子チケットぴあでのチケット販売状況は以下のとおり。

6/19(火) A席「お早めに」
6/20(水)〜6/22(金) A席「残りわずか」
6/26(火)〜6/29(金) A・B席いずれも「残りわずか」
7/2(月) A・B席いずれも「残りわずか」
7/3(火)〜7/4(水) B席「残りわずか」
7/5(木) A・B席いずれも「残りわずか」
7/6(金) A席「お早めに」・B席「残りわずか」


実は、先月、映画『The Iceman Cometh』(1973年制作)のUK版DVD(2004年発売?)を借りることができたので、ざーっと流し見はしたんだけど、やっぱり、長かった……。当然、日本語字幕はないのでけっこう英語の聞き取りに苦労したり、おまけに、あまり時間がなくて、途中、早送りしちゃったり、他のことをしながら見たりしたこともあって、結局、あんまり筋をちゃんと理解できてない……。もうちょっと、ちゃんと見たかったな……。

私が借りたのは171分バージョンなんだけど、imdb.comの該当ページによると、本来は239分、らしく、imdbに寄せられてるコメントの中には「この映画の3時間バージョンが出回ってるようだけど、もし存在するなら239分バージョンのみ見たほうがいい」といった意見もあるので、うーん、ちゃんと見たとしても、やはりあまり理解できなかったかも(←言い訳(^^;))。

こないだ、Amazonで英語版の脚本を注文したので、観に行く前までに届くといいなぁ。できたら、観に行く前に、一度、読んでおきたいので。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ウェブサイト/ブログURL:

※スパマーによるメアド収集防止のため、入力していただいたメールアドレスは、当ブログ上では表示しません。当ブログ記帳人のみが確認できるように設定しています。(なお、コメント本文内でメールアドレスを入力すると、入力した通り表示されてしまいますので、ご注意ください。)

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角英数字で入力してください。

この記事へのトラックバック